スペース
訓練でつくった[マイウェブ]マーク1()ページ 123
訓練でつくった[マイウェブ]マーク2()ページ
訓練でつくった[マイウェブ]マーク3()ページ
訓練でつくった[マイウェブ]マーク4()ページ

私たちは安全で安心な植物を食べる権利があります。

そこで、

『日本の食料問題を考えるコミュニティ』

(アース〔大地の土〕カラーのリボンで作成しました。)のシンボルマークを作成しました。
このシンボルマークと合わせ、

『自然に逆らう遺伝子組み換え食材は NO!
             ・ 有害残留農薬食材は NO! 』

のシンボルマークも作成しました。
 活動をご理解、賛同応援していただける方は、先ずご自身で気をつけて、食材を良く確認してください。不安に思う場合は、『買わない!いらない!』NO!とボイコットをすることをお願いします。

 これからの農業で問題となるであろう、
遺伝子組換え技術で先進国アメリカで問題になった放映の前半編です。
除草剤(ラウンドワン)も安全ではなかったのですね!

 巨大企業モンサントの世界戦略(後半編) 遺伝子組換 バイオテクノロジーは、
除草剤(ラウンドアップ)でも枯れない!虫も寄り付かない農薬散布にも影響受けない植物に変えてしまうものです。
要は!、危険な農薬付けにされたゾンビ植物だったのです!
ベトナム戦争で使用された枯葉剤も米国モンサント社が開発したものだったのですね!

自然に逆らう遺伝子組み換え食品は、国を滅ぼす!

がんばれ日本!

TPP問題にも負けない強い農業で日本を守ろう。

震災からの復興と日本農業の自立と再生を応援しています。
日本の食料問題に対するインターネット化推進で日本の農業ブランド化、ブランド食材化の確立で農業活性化が出来ることで少しでも自給率を上げよう。 

国内の農業問題や食料問題に対するITビジネス事業推進は、日本の強い農業を支える為には最重要だと考えています。

<- シンボルマークについて ->

 遺伝子組み換え技術は品種改良など良い成果を生んでいる物が大半ですが、
一部に、安全では無い農薬においても枯れない、死なないように改良する遺伝子組み換え技術で作られた作物や食品もあります。
 このような遺伝子組み換え作物や食品には、これまでになかった毒素やタンパク質が含まれている可能性があり、それによってアレルギーを引き起こすおそれがあります。
 また、大量に使用された猛毒の農薬や除草剤が作物に残留し、私たちの体に取り込まれてしまいます。
遺伝子組み換え作物が商業的に栽培されてから、まだ10年。
この技術が、私たちの健康に長期的にどのような影響を与えるのかは科学的にはわかっていません。
アスベスト被害のように、数10年経ってから被害が明らかになったのでは遅すぎるのです。

この度 、
FacebookコミニュティプロジェクトとしてFacebookページ

『日本の食料問題を考えるコミニュティ』
のFacebookページのネームを  雄志の管理人と立上げ、皆様と一緒に盛上げるために発信しました。
国内の食料問題解決のシンポジウムとして、また道しるべとして可愛がって頂きたく
 Facebookコミュニティページとして宜しくお願いいたします。

 4/3、日本の食料問題を考えるコミュニティのシンボルマークをリニューアル変更し、バリエーションを増やしました。 東日本・東北地域大震災の復興(絆)JAPANプロジェクトの磯貝代表さんと復興活動を協賛コラボレーションすることにしました。 『私たちは安心食材を求めます。SNSコミュニティ(Facebook,Twitter,ブログ等)のプロフィール写真にバッジとして貼付け出来るサイトです。   (以下、英語のサイトになります)

  • http://www.picbadges.com/2540158  
  • 下記が、バッジの発信内容です。

    【日本語文】
    私たちは安心食材を求め応援します。 東北地方の復興を応援しています、絆で頑張ろう日本。

    【英文】
    We will seek support food security. I support the reconstruction of the Tohoku region, Japan will my best in the bonds.
    以上で、日本だけではなく海外にも発信しました。 皆様の応援、心よりよろしくお願いいたします。

    このサイトを初めての方は是非「いいね!」 ボタンをクリックして
                  「いいね!」Like!ファンになってください。
    問題解決の討議で盛り上げて頂けると、嬉しくありがたいです。
     今後は国内の農地問題や、海外との連携によるシンクタンクなども含め
    海外との連携による農地・農業の活性化になる活動も出来ればと思っています。
       宜しくお願いいたしMAX。mOm

    管理人一同

    上記より、グループに管理人申請してください。
      申請人は推薦管理人へのメッセージ申告をお願いします。
    (申告時にグループ連絡用メールアドレスの登録をお願いします)

    〔管理人になると何?が違うの?〕
     *Facebookページへ(管理人として)のフィールド投稿も出来るようになります。
      (切り替えにより、個人としてもフィールド投稿は出来ます)
     *フィールド(掲示板)の編集・削除が出来ます。
     *管理人としてグループへのメンバー登録、削除が出来ます。
      サイドのコンテンツ内に管理人として掲示されます。
      (掲示を希望されない方は、掲示しないように申告願います)


    <- シンボルマークの取り扱いと貼り付け方 ->

    このマークについては、『いいね!』を頂いた方にはオープンフリーです。
                               どうぞご自由にお使いください。

    「いいね!」を頂いた皆さん、同志の管理人さんへ、いつもありがとうございます。
    シンボルマークとしてデジタルバッジを作成しました。
    出来れば皆さんで付けて可愛がってくださいませ。

    下記はこのバッジを画像に貼り付け出来るサイトです。


    サイトは英語ですが、①バッジを探して選んでください。
    次に、②お気に入りのプロフィール写真に貼付け、合成画像(Png)を作成し取り込みます。
    次に、③SNS(Facebook,twitter,ブログなど)のプロフィール画像やお気に入り画像と
    画像変更で取り替えるだけです。